スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

夢がふくらむ発見

一気に14種ですか。人間が住みにくい場所、行けない場所には未知の生物がたくさん眠っているんでしょうね。

深海には目のない魚(といえるものかも微妙ですが)がたくさんいるそうです。夢がふくらみますね。ぜひ写真を公開してほしい



ブラジル中西部で脚がないトカゲなど14新種一挙に発見

4月30日10時49分配信 読売新聞

 【ワシントン=増満浩志】ブラジル中西部に広がるサバンナ林「セラード」で新種とみられる動物14種が見つかった。

 米環境保護団体コンサベーションインターナショナル(CI)とサンパウロ大(ブラジル)などのグループが29日、発表した。

 内訳は、魚類8、爬虫(はちゅう)類3、両生類と鳥類、哺乳類が各1種。29日間の調査で、一挙に見つかった。このうち、トカゲの一種は脚が退化して、まるでヘビのような形。脚がない方が砂地の上を移動しやすいらしい。
 セラードは、世界でも有数の生物の宝庫だが、「隣接するアマゾンの熱帯林の2倍の速さで、農耕地や牧場に転換され、貴重な種を喪失している」(CI)という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000009-yom-sci
スポンサーサイト

2008年04月30日 | その他
HOME

カテゴリー

最近の記事

ブログパーツ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。