スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

こんにゃくゼリー排除作戦

こんにゃくゼリーだけが悪者か。モチのがはるかに死亡率が高い。年間何人も死亡者が出ている。
にも関わらず、なぜマンナンライフのこんにゃくゼリーだけが販売規制されるのだろう。

のどにつまらせて死んでしまった人のことを悪く言うつもりはないが、行政の対応もおかしいんじゃないのかと思えてしまう。

なにかあった時の行政の対応といいうのは、メディアや、一部の批判家たちの意見を過剰に気にしすぎているような気がする。


ホリエモンがブログで言っていることが的を得ていると感じた。

「こんにゃくゼリー」だけを規制するってのは、歴史の浅い業界を潰しにかかっているという意味では、非常に懸念される動きです。
(中略)
普通の人は理解できないような難解な法律の条文で、法の不知はこれを罰する、の原則に従い、罰されます。あ、ただし、儲かっている業者だけです。それも新興のがやられるでしょう。派手な宣伝とかやっていたら、ボコボコにたたかれて終了でしょう。


(以下ニュース抜粋)
「こんにゃくゼリー」で高齢者や乳幼児の窒息死亡事故が相次いでいる問題で、最大手の製造メーカーは、大部分の製造を一時中止することになった。
ところが、その直後から「こんにゃくゼリーだけが悪者になるのはおかしい」といった声が相次ぎ、ネットでも販売中止に反対する署名活動が行われ、メーカーにも「普通では考えられない数」の激励の声が寄せられているというのだ。

■ネットの反対署名1万1000を突破

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000002-jct-soci

ちなみにこんにゃくゼリーより明らかにのどにつまらせる危険性の高い食品は以下のようにたくさんある。
国民生活センターのデータによると、この期間において「こんにゃく入りゼリー」で死亡した件数は「2件」です。なので、2件よりも多いものを列挙することにします。

まず、消防調査では全部で432例あり、中身を大別すると以下のようになります。

もち:77例
ご飯(おにぎり含む):61例
パン:47例
あめ:22例
すし(食品成分表で分類できないのでその他扱い):22例
おかゆ:11例
だんご:8例
流動食(食品成分表で分類できないのでその他扱い):8例
カップ入りゼリー:8例
ゼリー:4例
しらたき:4例

次に、救命救急センターでは全部で371例あり、中身を大別すると以下のようになります。

もち:91例
パン:43例
ご飯(おにぎり含む):28例
すし(食品成分表で分類できないのでその他扱い):19例
だんご:15例
流動食(食品成分表で分類できないのでその他扱い):13例
おかゆ:11例
あめ:6例
カップ入りゼリー:3例

http://news.livedoor.com/article/detail/3840467/より

※トラックバック募集中♪
スポンサーサイト
2008年10月18日 | 事故

逆に日本はどうなの

<サッカー><続報>日本戦“クビ締め事件”の李選手が謝罪、「チームに迷惑」―中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000011-rcdc-cn&kz=cn

日本も日本で、闘争心があればその場で殴っていいんじゃなかろうか。とか思ってしまう。首絞めですよ、ネックハンギングですよ。殴っても正当防衛になるでしょう。
お行儀がよすぎる日本に闘争心はあるのかと最近疑問に思ってしまう。

あ、中国が悪いとかそんなのは当たり前の話ですよ。ていうか首絞めとか顔面キックとか、中国は向こう5年間メジャーな大会出場停止くらいでいいでしょ。それよりオリンピックを中国以外にするとかが一番いいかな
2008年03月08日 | 事故

気の緩みを正当化するな!

イージス艦と漁船衝突 レーダー探知の死角「魔の時間帯」目視困難
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000103-san-soci&kz=soci

「レーダーは高性能で、一度に100以上の目標を追い、ミサイルや大砲など武器を自動的に選択して迎撃できる」か。
いくら最新鋭の艦船だといっても、所詮使う人次第。

使う人間が怠慢であれば効果は発揮されない好例だ。

「夜明け直前で、心理的に安心感が生まれる『魔の時間帯』。」とはなんぞ。単に気の緩みを正当化しているに過ぎない。
2008年02月19日 | 事故
HOME

カテゴリー

最近の記事

ブログパーツ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。