スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

中国人の倫理観と生活保護受給問題の2つの原因

中国人が生活保護を受けるという話しがニュースでよく見るようになりました。

日本で働いて、一部でも税金を納めていたというのであればまだ分かります。それでも納得できるわけではありませんが。

しかし、この手のニュースで問題なのは、来日した直後に生活保護を申請・受給している。つまりお金目当てなわけです。ひとことで言えばタカリです。

これには2つの原因があると思っています。

一つ目は、中国人の多くに問題意識がないということ。決めつけてしまうのはいかがなものかと思いますが、インタビューなどを見るにつけ、在日中国人は日本で苦労してきたから今度は助けて貰う番、とか日本はよい国と聞いたから生活保護を受けにやってきた、とかわけのわからない理屈を主張。

涙ながらに語っていたから、演技ではなく、思考回路がまったく違うとしか思えません。

彼らに罪の意識があってもやる人はやるのでしょうけど、意識がないということは、まず間違っているということから認識してもらわないといけないからさらに大変です。

二番目は、生活保護の受給要件がおかしい。

こっちのが根本的な問題です。飢え死にしそうになっていて、すぐ隣の国がただで金をくれるっていうのなら、ある意味行くに決まってます。

アフリカが隣になくてよかったと思います。
スポンサーサイト
2010年07月31日 | 海外
HOME

カテゴリー

最近の記事

ブログパーツ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。